<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ものの捉え方!?!

日々の生活の中で、

社会の様々な出来事を如何に自分的に捉えるか!?!

誰しもが思うことの中にも見過ごしてしまうことがある。

自分にとって関係ないこと、社会での既存・一般的倫理の中で、

一個人の考えであっても思考してみたい。

そんな自己主張が容易に出来るのがブログであろう。

法の判断は、専門家だけが出来るのでもない。

社会的コンセンサスも重要な判断要素、である。

法的判断は、狭義の法・条文解釈だけでではない。

社会通念として、要件妥当とする内容であれば、

法・条文解釈を拡大できるとする判例が出始めた。

現行法をも活用・・・できる事である。

それ故、生きた法律になる。硬直した判断でよいのではない。

先日、画期的な判例が出た。

「代理出産」を容認する・・判断基準を定義するべくな判決。

世に不妊で悩む夫婦は、多いであろう。

欧米で言われる「生殖補助医療技術」を一個の人間として真摯に

考えて見ることも大切である。

日本の医学会は、容認していないかもしれない!?!

更には、養子ではなく実子として出生届を出したいのは当事者・

子供が欲しい親の身勝手なことか??

而して、「出産した女性だけを母とする」法解釈ははたして??

現代社会において正論か??

生殖補助医療技術の確立・法制化が検討されている時期だが、

生命倫理に基づいた真摯な分析・検討、既成概念に捕われず、

東京高裁の判断・決定書が示すように、真摯・慎重にではあるが、

国民、一人一人が、思考すべき時が、今、と感じる。

高裁の決定書にある「わが国の民法は、生殖補助医療技術が

存在しなかった時代に制定されたが、現在はこうした技術で人為的な

操作による妊娠や出産が可能になっている」「法制定時に想定されて

いなかったからといって、人為的な操作による出生が、わが国の法秩序

の中に受け入れられない理由とはならない」

但し、ケースバイケースであることは確かで、慎重な判断、実施に際しての

基準・規定を早急に国として策定して欲しい。

現実問題として、向井さんの場合のように既存の問題を、

国の審議会の答申で「代理出産禁止」と言う法律が出来ようとした前に、

東京高裁という場で出た決定は、物議をかもすことは確かだが、

誰のための法か!?!と言う点で、まさに当事者の立場にたった、

慎重に審議された真摯な決定、人道的な決定と、賛意を表したい。
[PR]
by redhupa | 2006-10-03 17:25 | 襍文化考