期待の女子陸上選手

 白鵬女子高陸上部3年の横山智映さんが、京都の実業団グローバリーに入ると報道された。女子マラソン界でいまやトップの野口みずきさんの所属ティームだ。藤田信之監督の下でどこまで成長するか、楽しみだ。インターハイでは、結果を出せなかったらしい。しかし、彼女の素質を見た、グローバリーのスカウト陣は、年末年始の鹿児島・奄美合宿に参加させた。中で一緒に走った野口サンは、「背丈も自分に近いし、高校時代の自分を見ているよう。スピードが上がれば上がるほど、バネのすごさが現れる」と感心してたと言う。又、藤田監督も「トップクラスの完成された高校生よりも、その次のクラスの方が伸びる。競技力を高めるのはこれから。磨けば光る」と。
こうした、指導者が、増えてきたからこそ、いまや世界に輝く女子長距離選手の多くを輩出できているのだと実感する。若者の心身は、指導者先輩で決まるかもしれない。先日、行われた「神奈川マラソン」で実力の片鱗を見せ始めた。何回目のレース経験かは分からないが、 ハーフ学生女子の部での横山サンの優勝タイム”1時間16分55秒”は、期待に値する。ひそかに応援しよう。
[PR]
by redhupa | 2005-02-22 11:52 | Road-racer
<< 家族!? 自分を見せれた、凄い精神力・女... >>