米・・若者気質

Wired News - 若者の人気を集めるブレーキなし自転車「フィクシー」 - : Hotwired

c0021554_10295741.jpg

             (1950年代のトラックレ-サ-)

自転車の楽しみ方、スポーツとしてみても王道を行く西欧人の感覚は、保守的。長い年月を以って、自転車スタイルを完成させた。伝統を築いて来た。一方、自転車の形・使い方に関して自由な発想!!創造的な感覚で「新しい事をし始める」のは、いつも米国の若者達だ。BMX(自転車モトクロス)・MTB(今やママちゃりと肩をならべるくらい一般的になった)これらは、米国の若者達が考え始め、遊び心・スポーツマインドを持ってハード・ソフトをつくり上げ実行してきた。BMX・MTBともに子供期~の使い方・利便性として理にかなっており、優れた自転車である。又、より速く・・・と言うロードレースの世界で君臨している王者、プロロ-ドレ-サ-Lance Armstrong は、米国テキサス出身である。今や自転車界をリードしている米国だが、その一方で面白い流れを紹介してる記事が、上記である。

c0021554_9371971.jpg

 最近、一部・米国の若者達に注目されてるブレーキなし自転車
 「フィクシー」。
簡単に言えば、競輪用自転車だ。公道で使用すなど考えもしない・・・。自転車と乗り手の人間が一体となれる自転車が「フィクシー」かも知れないが・・・。時折、我家近くの海岸線を競輪選手が走行してるのを見掛けるが、日常で乗ろうとは、思いもよらない。なぜなら、人間自体(動作)がブレーキ!!ギアが固定されているので急には止まれない。操作判断にかなりの熟練をようする。考え方では面白い事だが、街中で乗るには少々躊躇する。構造的には、自転車の原点に等しい。こうしたはるか昔の自転車構造で楽しんで乗っている人々がいる米国は、やはり凄い、と言うほかない。
日本でこの手の自転車を街中で乗るのは、危険を伴う。それ以前に道路交通法で許されているのか関心を持つ。流行でこうした自転車に乗るのは止めたい。いずれ日本でも見かけるようになる事を思うと?!?である。能書きは、さて置き生活の中で使っている自転車が、あまりにも粗末に扱われてるのが忍びない。ママチャリ!!といわれる実用車、使い捨てでよいものだろうか!?
[PR]
by redhupa | 2005-04-12 10:44 | Road-racer
<< Sleipnir次期ヴァージョン 春芽!! >>