片持ちフォーク!?!

c0021554_5181611.jpg



1980年代後半から’90年代初めころ、変わった!?!BMXがあった。
オートバイならあるが、片持ちフォークのBMX。
(画像上はクルーザーフレーム、20.in Miniは下画像)。
次男がミルキー時代に使っていた(下画像)。
タイヤは、チューブラ仕様に..。それには、わけがあった。
woタイプのリム径より小さい。同じ20X11/8でも。
身長の低い子供には、最適であった。
子供の体力を考え、極力軽量化を工夫したBMXを目指したものである。
今様のミニフレーム軽量化はされているが・・・!!
細い1/8(WO)リム径は、小学生低学年の子供達にはふさわしくないだろう??
短いクランクがある今、BMX界では、リム径・・・タイヤが問題では(ミルキークラス)。
1/8のチューブラタイヤ、今は生産されていないだろう??
次男が使用していた頃、クレメンが素晴らしいタイヤを作っていた。
ミツボシのコンペVも良かった。どちらも今はないが。。。

身近にミルキークラスのお子さんがBMXレースにデビューするかもしれないと。
我が子長男も、まだ現役で走っている。
彼が、後輩へのアドバイスもするだろう!?!
かつて、子供はライダー、保護者はメカニックと・・・・
我が子ではないが、応援団として
来年は、子供用BMX(車)等のデータ収集を再開してみたい。

c0021554_682855.jpg

[PR]
by redhupa | 2008-12-31 06:02 | Road-racer
<< 1813・・1818~~2009!! FBX-Trail訪問!! >>