クランク長


c0021554_13435274.jpg


妻のバイクを見ながら我が子たちの少年時代を思い出す。
長男は、小1から・・二男は、3歳からBMXレースに参加していた。
長男は、BMXに魅了され好んでレースに出ていたが、
次男は、好むと好まざるとレースに出されていたといってよいかもしれない!?!
長男のレースに付き合わされて否応なしに出ていた事を最近二男から聞いた。
かわいそうなことをした、と思うのだが、それには、訳があった。
次男は、サッカーが好きで小学生低学年時代から・・・
やりたいティームに入りたいと懇願されていたのも事実だった。
地元のサーッカークラブの練習を数回見に行った時、
その練習方法、指導の仕方が、僕には疑問で、
小学生の内は、BMXで運動神経を育てたいと心を鬼にしてクラブには入れなかった。
BMXで培った運動能力は、中学での部活(サッカー)で開花した。
小学生時代からサッカーをしていた仲間より早く、1年でレギュラーになれたが証し。
高校生になり1年生の時、インターハイにも行けた。結果論だが・・・
親の選択は、間違っていなかった、と思っている。

そんな我が子達のBMXのハード面で一番苦労したのが「クランク」だ。
短いクランクは、152mm(ロード用3ピース)が最小のものであった。
高価なクランクでも150mm。
BMX用の1ピースクランクは110mmからあったが、何せ重い(重量)。
とりわけ小柄だった我が子たちには重すぎた!!
当時はBMXの汎用フレームは、ラージBB(アメリカンBB)しかなかった。
所が同じく小柄だった高松健二君(現MTB界の大御所)のBMX車を見たとき、驚いた。
スモールBBの米国製BMXに乗っているではないか!!
彼のバイクに刺激を受けて、
ラージBBにスモールBB用カップ&コーンを付けられる様にアダプターを自作した。
後にサンツアーから良いアダプターが製品化されている。
子供使用なのでロード用170mmを短く切って使ったこともあった。
いろいろな工夫をして、くみ上げた子供用BMX、完成時は、5.3kg
車輪は、20穴、チューブラ仕様。日本でチューブラを履いていたのは、数名だけだった。
20年近く前のことだが・・・。
時代が変わり、パーツも進化してるはずが、クランク長に関しては??
ロード・MTB&BMX・・・短いクランクは、スギノのDX152~、アルピナ160しかないのでは!?!
生産性の問題もあるだろうが、
子供・女性用を考え、メーカーも短いクランクの生産を検討すべきでは!!
一般コンペバイク、中級品??以上は、クランク長も選択できる日は来ないだろうか??
期待したいところだ。妻は、身長163cm。クランク長160mmを使っている。
老人は、パワーでクランクを回すのではない。ひざの曲がりを少なくするためにも・・・
短めのクランクは、良い。
パワーでブン回すのでなく滑らかに回っている姿は、エレガントでもある。
ヤビツ峠で見かけた小柄なライダー、峠で休憩しているとき数名のバイクを拝見させてもらった。
すべて170mm!?! 女性用バイクと謳っているならせめて160~165mmを付けるべきだ。
日本人の平均身長を考えれば、だ。
[PR]
by redhupa | 2008-11-29 15:53 | Road-racer
<< BMX・・・BMX!! "ALEX Sing... >>