<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

現行法の限界か!?!

安部首相の誕生記事で一面では報道されなかったが、
重大な判決が東京地裁であった。

現行民法の解釈での事である。

刑事訴追、殺人罪の時効成立後に犯人が自主した。

民事の不法行為・損害賠償の除斥(時効)開始時期が争点であったが、

東京地裁は、不法行為(殺人)時を除斥開始時とした。

しかしながら、犯人(容疑者)発見、特定が出来なければ

損害賠償を求める事は出来ない。

この矛盾を明確に説明する判決内容記述がない。

何のための、刑事・民事か分からなくなる。

法条解釈は、狭義ではなく、広義であるべきではないか??

民事法は、国民一人一人の固有の権利。

その権利取得は、「行為」が行われた時点ではなく、

知りえた時点が、排斥開始時点でなくてはおかしい。

今後の上級審の判断が注目される、それにはまた長い月日が・・・。

被害者遺族の救済が、あってしかるべきであるが、

遺族の苦悩は、最終判断が確定するまで待たなければならない。

それ以上に、人を殺めてしまった事は、消えない。遺族の苦痛は??

そこに、個々に損害を賠償する責務は、ある。

安易に他人を殺める、現代社会。

今こそ、人間同士の、生きる尊厳を明確にする時ではあるまいか。

それこそが、法治国家、罪刑法定の根幹であると想う。

人間だけではない、自然界・・地球上に生きてる総ての生物に

視点を広げるべきだ。
[PR]
by redhupa | 2006-09-27 07:00 | 襍文化考

『テクノロジーの狂気』そして宗教。

表題の言葉は・・・

西暦1900年生まれで2002年3月13日に永眠された、

哲学者ハンス・ゲオルグ・ガダマー、享年102歳・・

が最後に世人に語った言葉である。

あの9・11事件直後に語った老哲学者の困惑、

『暴力にまでなった「宗教」・・・と。

師は、「如何にすれば理性的未来を構築できる」と、苦悩を見せていた。。。

その上で、「死」が何を意味するのか、、、

「暴力」がウィーンの城門の前に立ちはだかった

(オスマン・トルコ帝国による1529年、1568年の第一次、第二次ウィーン包囲、

また1683年のトルコ軍によるウィーン包囲等を指す)などの歴史上の事実・・に重複させ、

「恐ろしく長い間絶えて無かったことを思うと本当に不気味に感じられてきます。」

「共通感覚」・・「他者の思考」・・「他者の理解」』等を語っておられた。。

20世紀を代表する一人の哲学者の言を思いながら、

9・11事件以前に日本に存在した事件「オーム事件」も忘れてはなるまい。

宗教の存在が、我々の生活に如何なる力を呼び起こしているのだろう??か。

宗教は「何をなしうるか」、凡人の己には分からない。

「テクノロジーの狂気」、宗教の恐ろしさを「オーム真理教」等の新興宗教に見る。

科学技術を用い、「詭弁」「妄想」、言葉巧みに言いたい放題。

「オウム事件」を空洞化させてはいけない。

その他の怪しげな宗教団体も含めて、

罪と罰、倫理と行為規範を裁判の中で深く審理して欲しかった。

オーム事件の首謀者に断罪がくだったが、中味の全くない事実に対する結論が出ただけだ。

人が人を裁く、そこには「審理」と言う客観的整合性がなくてはいけない。

「裁判・訴訟制度」の根幹をなす、「検証」が疎かにされ、法廷技術(訴訟技術)

つまりは、形だけの訴訟が先行して、裁かれる加害者、そして救済・ケアーされるべき

被害者の存在を充分に検証していない、蔑ろにしている。

同時に、言論・行政・政治、それを動かし携わっている人々にも危惧感を持つ。

科学技術だけではない、倫理観・行為規範もおかしい。

 歴史は繰り返されると言われるが、、、、。



19世紀末に、仏の社会学者デュ-ルケ-ムは「アノミ-現象」と言う概念を世に問うた。

『行為を規制する共通の価値や道徳的規範が失われた混沌状態』。

更に前世紀の18世紀中庸から世紀末に掛けて同じ仏の思想家、ジャン・ジャック・ルソ-は、

「人間不平等・起源論」を表し、師の生涯の主張は「人間の回復」であった。

日本でも余りにも有名な「自然の摂理を尊び、それに従え」と云う言葉。

18・19・20世紀と進に連れて人間は文明に酔いしれて本来の姿を忘れてしまった。

今、 問われるは「人間とはなんぞや」であり21世紀の課題と思える。

人間社会・法社会のあり方、世界共通の法構造をしっかりと模索すべきではあるまいか。

その前に「法の前に人間たれ・・・と言いたい。

西欧の基本理念に宗教の存在があった。

宗教者が社会を支配していた中世から近代に至った事実を反芻すべきであろう。

宗教に名を借りた宗教人達が社会の趨勢を影で意図引いていた。

現代社会に置いても文化的と称して、固有の論理を展開し、

社会を洗脳化しようとさえしている。

こうした事を紐解かねばならない。今や隣接分野との共同研究をすべき時に、

学問は、細分化している。

ましてや机上の学問であってはならないのだが、

専門研究者と一般社会では、乖離が見られる。

今の日本社会は、まさにアノミ-状態である。世界全体かもしれないが・・・。

裁判制度、否、法を哲学すると、オウム事件、様々な事件において、

弁護人の「正義」とは何ぞや??と感じる。
[PR]
by redhupa | 2006-09-19 12:41 | 襍文化考