<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

石津 謙介氏逝去

c0021554_1503741.jpg


1径にたくさんの花をつける様に、次々と花が咲き誇る。
70年代の初めに開花した一つのメンズファションスタイル。英国の伝統をアレンジ、完成したスタイルを若者向けにしたものが、IVY LOOKと呼ばれたもの。しばらく前に疑惑を呼んだ!?方の・・・コロンビア大学も属するエリート大学がアイビィーリーグ。当時、それらの大学生達のファッションスタイルに習って日本で既製服を手がけた ”VAN Jacket"その創始者が静かに逝去された。

日本では「流行」のように考えられているが、完成された一つの形をこだわって着続ける、結構、奥が深い伝統的メンズファション。周りを見ると、そんなこだわりなど無いように見える。
使い捨てではなく、物を大切にしたい。そして、こだわって服装も考えたい。
支離滅裂だが、故人を想い謹んで哀悼の意を呈する。
[PR]
by redhupa | 2005-05-26 15:01 | 襍文化考

外務省機密漏洩事件。

沖縄が5月15日で返還(本土復帰)されて33年目を迎えた。社会一般では、すでに過去の事と忘れ去られている。1971年に、国会等マスメディアでも大きく報道された「外務省機密漏洩事件」は、僕の中では、実に不可思議に思っていた。
当時、毎日新聞・記事掲載した「西山太吉」記者、並びに毎日新聞者自体へのバッシングは異常とも思えた。「密約」の存在は、33年を以ってはっきりと確認できたのだが、個人の名誉・取材の内容・方法、新聞社の報道自体の是非は、不明のままだ。「国益」の名の下に為政者の利益で終ってしまってよいものとは到底思えない。
裁判自体が不可思議でもある。朝日新聞の5月15日付け、第3社会面の当時の東京地検担当検事のコメントを読むと検察の姿勢に疑問をもつ。・・・「ひそかに情を通じて」という言葉を私が思いつくと、幹部は喜んでね。「国民によく事件の全容を知らしめる。これはいい」と総長が言ったのを、いまでも覚えていますよ。・・・「検察」の独自性はどこに行ったんだろうと、昨今の裁判を垣間見ても思うところがある。事実検証ばかりが先に立って、本質の部分が隠れてしまっているように感じられる。西山氏の提訴を真摯に見守って、「報道の自由」のあり方も含め検証される事を願うばかりだ。昨今でもスキャンダル的に記事を発信するマスメディアのあり方も問題である。
[PR]
by redhupa | 2005-05-17 10:24

竜宮城からの来訪者!?!

c0021554_1181757.jpg


今年も、竜宮城から・・アカウミガメが湘南の浜に来てくれました。産卵をしに。産卵の時、目から涙を流してるように見えます。以前は、近づいて観察させてもらったのですが、次男が小学生の頃に見せてやろうと・・・でもそこで子供に注意された。「お父さん、亀がかわいそうだよ・・泣いてるじゃん!!」絶句でした。以後、遠くから浜にきた亀を見るだけに・・・。次男は、魚が好きで、大学は、海洋学部に進んだ。
深海を泳いできたのか・・・貝が?付着してます。
アカウミガメはウミガメの中でも大型の種で、甲羅の大きさは大きなもので1メートル以上、重さは180キロまで成長し、大きな頭と強い顎が特徴です。一生を通して肉食で、軟体動物(巻き貝や二枚貝)やカニ、ウニ、海綿などといった海底付近にいる動物や、海中を泳ぐクラゲなどを捕食しています。このアカウミガメが、はるか彼方から回遊してきたのは、間違いありません。ウミガメは、首を引っ込める事がない。出来ないか!?精悍な顔をしてます。
国際自然保護連合(IUCN)の種の保存委員会(SSC)ウミガメ専門家グループによると、アカウミガメは絶滅危惧種(EN)に指定されています。静かに見守って上げたい。それと気をつけてほしい事、ビニール袋は捨てるのを止めましょう。
亀のためだけではありませんが、、、。以前、浜に亀の遺体が打ち上げられていました。近くの水族館に運び剥製にと思ったんですが、調べてみると、ビニール袋を幾つも飲み込んでおり、窒息死だったようです。心痛みますね、人間の不注意で・・・。
[PR]
by redhupa | 2005-05-02 11:11 | 環境