<   2005年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

関東たんぽぽ 2.

c0021554_13591527.jpg


「関東たんぽぽ」その2.
今住まい居る場所の近くで宅地開発が行われている。恐らくは、0.3ヘクタールに満たない開発地であろう。色々画策するものだ。全体では、大規模の開発だが、小さく分けて、異なる企業が開発している。然し、関連業者であることは、明明白白なのです。この0.3ヘクタールには重要な意味を持つ。都市計画法の中に「表土の保全」(法33条1項9号)が義務付けられているからです(大規模開発のみ、仔細は略)。
この表土の保全とは、山等を削るとき、削り取った表土30センチ以上を整地後、元の場所に戻せと言う事。この経費は、おっきい!!かなりの利益低下でしょう。法の盲点(異業者、序々なる開発)で逃げて居る。
昨年までは、今の季節、あたり一面に野草が咲きほこっていたが、殺風景な住宅地になってしまうだろう。庭木を植えても生育が悪い。表土が死んだ土であるからだ。最も重要な地表近くの良質な土では地表下30cm付近までは微生物のかたまりのようなものである。岩石が風化して出来た土壌・植物の落葉や動物の排泄物等が溜まって土を形成している。この地表の土中に、俗に「一踏み一千匹」と言われるダニが生息している。つまり、人の足跡位面積、地下30cmは分解者としてのダニ(血を吸わない・ササラダニ類)が生息できる大切な所である。新しい住宅地造りが引き起こす画一化は、地下数メ-トル・数十メ-トルの地下であった所が表面にでる。微生物がいない死んだ土を表面に出すことを危惧した植生学者の声が15年かかってようやく法制化された。昭和54年の4月に都市計画法に表土の保全規定が盛り込まれた。新しく開発される所では、元の表土を戻す事が義務づけられたのである。但し大規模開発に限って。自然の中にあって人間・動物・植物・微生物の最低限度のバランス、そして、自然の多様性が保たれなくてはよい環境にならないだろう。開発規模の問題ではなく、個々の家庭レベルでの問題だと思う。環境に留まらず、自分自身の小さな環境保全、心したい。それと同時に宅地開発では潜在植生を活かし、極力、表土の還元をしてほしく希して止みません。

関東たんぽぽは、環境指数のバロメーターですね。

興味深い研究結果がある。関心あれば、見てください。下記をクリック。
環境指標としてのタンポポとササラダニ
[PR]
by redhupa | 2005-04-29 14:03 | 環境

鉄道事故。

今般のJR事故でお亡くなりになられた方々には、言葉を失います。わが身を思い起こせば、自ずからが挑んで遭難、天界に散った多くの仲間を思うと、ご遺族の思いは言語に絶するものと拝察いたします。どうか、残されたご遺族が、強く生き、進んで頂きたく思います。

この様な時に、不謹慎かも知れませんが、現代社会の裏腹を思うて止みません。
事故が人的な原因と報道されていますが、要因の一端は、社会的要求が引き金ではないだろうか。「より速く、安全に」と言う相反した事が根底にありましょう。過密ダイヤとは申せ、普段、乗客は利便性に対して危惧・疑問を言わない。特にマスコミ関係者が危険を、危惧を、世に問うていたであろうか?

こぞって、結果的事故現場等を報道しているだけではないか。更には、同情的に、悲しみを助長させているだけのように見える。JRと言う企業内部での現場・最前線にいる担当者(今回は、運転手)の非を言っている。然し、危険・暴挙に走らざるを得なかったかもしれない運転者の心理状態をも想像するのである。営利・利便性、事故が起こったとき、しばらく間は、自重するだろう。あらゆる観点において、過密ダイヤを軽減する、例えば、10分間隔を15分間隔にする、となったら、利用者側は、何と言うのだろうか。

事故が起こるたびに思う事である。社会全体が、其々少しの我慢をもつ、余裕を持って対処すべきであろう。世の中全体が、走りすぎている。
阪神大震災は、今回の事故とは、異なった事であったが、様々なことが検討、研究されたはずである。余地・余裕をもって対応する事を、肝に銘じてほしいものである。
[PR]
by redhupa | 2005-04-27 22:49

関東たんぽぽ

c0021554_17431592.jpg


春の代表的な花・桜、道端・野原では「タンポポ」。
子供の頃、野山を駆けずり回っていた頃から見慣れてる草花、タンポポ。でも今見れる殆どのタンポポが外来種の西洋たんぽぽ。現在、東京周辺には4種類の自生タンポポが見れるらしい。帰化植物の西洋タンポポは、勢いよく根ずき在来種にとって変わろうとしている。最近、関東タンポポと西洋タンポポの自然交配したもが見つかったとも聞いた。白い花のものもある(九州に多い)。細かな種類は別として人間を楽しませてくれているタンポポをながめていると、人間社会の民族種族を思えさえもする。我が生活地周辺の道端等で咲き誇っているのはすべて西洋たんぽぽである。関東たんぽぽ(日本たんぽぽ)を親からは、鼓草(つづみぐさ)と呼ぶとも聞いていた。茎の両端を細かく裂くと、そり返って鼓のようになるからだとか。調べて見ると名前の由来は、種子の冠毛が丸く集まっているようすが「たんぽ=綿を丸めて布などで包んだもの」に似ていることから「たんぽ穂」と名づけられ、たんぽぽになった、とあった。我が両親は、植物好きでそんな親を見て育った僕は、おのずと、植物が生活の一部になっていた。

鎌倉の3大緑地が、ほぼ全域に渡って保全される事が決着した。20年以上に及ぶ保全運動の努力が実を結んだのだ。そんな緑地に西洋たんぽぽが、あるか否か、たずね里山に入ってみた。三大緑地の1つ台峰に隣接する自然公園は人間の手で過剰整備した故か?関東たんぽぽを見つけられなかった。かつての自然植生を度外視して本来その場に無かった花々が植えられ、、、訪れた人々を和ませてはいるのだが。しかし、言わせていただければ、種類は少なくとも長い年月で出来上がった生態系を崩し、みてくれだけの美しさにしてほしくない。自然のままであってほしく思うのだ。先日、訪れた「広町の森」は、殆ど、人工的に手が加わっていないところだ。2週間前には、まだ蕾だった、たんぽぽが、いっせいに咲き誇っていた。他に、オオイヌノフグリ、ヒメヘビイチゴ、サクラソウ、マルバコンロンソウ、カントウマムシグサ(テンナンショウの仲間・大桁山)、浦島草 (うらしまそう)等々。
目当ての関東たんぽぽが、誇らしげに咲く風情を見ていて「人間は、手を加えてはいけない」と、つくづく思った。それと同時に、西洋たんぽぽを寄せ付けない環境!!日本固有の在来種のがんばり??、何か、とても嬉しかった。

関東たんぽぽの見分け方は、蕾・花の時期に、総包(萼・萼片、ガク)が花にくっついて立ち上がっている(関東たんぽぽ)か、または、反り返り(西洋たんぽぽ)、下に向いているかだ、と聞いている。
たんぽぽは、食卓をかざりもする。若葉はそのままサラダで。ほんのりとした苦味が心地良く広がる。夏を過ぎた葉は、生ハムと一緒に食べると格別で・・。花は玉葱やコーン等と油で炒めて。根は皮を剥き、白髪葱状にしてサラダ。またキンピラにしても美味しい(子供の頃からたべてます)。ちょっと苦みがあるところがいい。根はコーヒーの代用にもなる(根を干して、フライパンで炒り、コーヒーミルにかければOK)。葉を煎じて飲むと利尿剤として効くそうで、古くから薬用として使われている。

身近に、仕事休めに、ふらっと訪ねられる。最高の贅沢だと感じる。実にすがすがしい時間を持てた数時間であった。
[PR]
by redhupa | 2005-04-26 17:16 | 環境

自転車レース・・・今夏のツールドフランス

CNN.co.jp : 自転車のアームストロング、05年ツールで引退を表明 - スポーツ

c0021554_947359.jpg


自転車ロードレースは、個人の戦いでもあるが、仲間のアシストがかぎを握る。ロードレースの世界最高峰と謳われるツール・ド・フランスは、まさにそれである。この大会で史上最多の6連覇、凄いに尽きる。この所、ドーピング問題などあったようだが、、、。「ランス・アームストロングが、今夏のツールを最後に引退することを表明した。 」

数々の名選手が、ツールを目指しているが、6連覇は、いかに組織だってレースをしたかの見本でもある。今夏に、7連覇なるか注目だが、簡単に成し遂げられるほど甘くない。レベルは拮抗してるから。ロードレースのメッカは、やはりヨーロッパだ。そこに居る選手達の奮起を願う所。楽しみだ。

余談だが、日本メーカーの自転車部品が、世界を制覇している昨今、部品の優秀さを世界に見せ付け、諸外国に日本を認知させたのは、中野浩一氏の戦歴が、大きく貢献してる。
1977年の世界自転車選手権スプリント (当時の名称はスクラッチ) 種目で初優勝をし世界中のスプリント選手に注目された(中野氏の自転車・部品はすべて日本製であった)。以降、1986年まで連覇のV10を成し遂げた。競輪選手と言う事なのか、一般社会では話題に上らなかったようだ。今の時代なら国民栄誉賞どころではないだろう。氏の活躍があったればこそメーカーが世界進出を果たせたのである。同様にオートバイ・自動車メーカーでも西欧に評価される下地を作った、本田宗一郎氏を忘れてはなるまい。
[PR]
by redhupa | 2005-04-21 09:48 | Road-racer

若いスポーツマン。

スポーツに限らずどのような世界にも勢いが集中する事がある。多人数ゲームの野球・サッカー等は、お茶の間に定着している。僕の若い頃は、ボールゲームでは、サッカーよりラグビーの方が、メディアでは取り上げられていた。個人の種目では、様々なスポーツが取り上げられているが、取り分けプロスポーツでは、何故か女子ゴルフは、人気が無く!?メディアで放送される事は少なかった。競技人口からしてである。

プロスポーツは、世界的に見るとどうもアメリカ主導のように映る。その中で若い競技者達が、熟練な年季の入った人々をおびやかし始めている。プロ・アマ問わずだ。今、スポーツ界で注目を集める種目に、女子マラソンと女子ゴルフがあるが、どちらも低年齢化している。競技環境が整ってきたこともあるだろうが、それぞれの競技が地道な積み重ねで低年齢層の人口が増えたことが一番の事だろう。

ゴルフを全く知らない僕であるが、スポーツ科学に関心ある身として、注目している。昨年来、注目されてる10代の数人の女子ゴルファー、さらには、昨日、今週末に開催される「川奈」のコンペに、服部真夕(17)=岐阜・美濃加茂高3年=と佐藤のぞみ(17)=宮城・東北高3年=の女子高生2人がトーナメントに挑める事に決まった。
女子ゴルフ界としては、嬉しい事だろう。だが、世の注目を浴び始めると、世の親達は、タレントと同じように見て、我が子を・・・と思うかもしれない。又、それぞれの競技に低年齢から集中させる。指導者に特に言いたいのは、低年齢(10歳以下)の子供達には、様々なスポーツを体験させるべきだと言いたいのだ。運動の基本、あらゆる動作が、出来なくなる危惧がある。幼少期から一つの競技に集中すると、それ様の体に固まってしまう。つまりは応用が利かなくなると言う事だ。其々のスポーツには、完成された形、論理があるが、今のスポーツ界は、個人の個性を尊重した上での鍛錬が行われている。それは、指導者が優れているのであって、一般の、大方の指導者は、型にはまった指導をしている。今、必要なのは、一般人に啓蒙している、取り分け初等教育現場でのよりよき指導者を育てる事と、思うのだ。
[PR]
by redhupa | 2005-04-19 06:45 | Road-racer

一葉・・・「さくら」

密かに応援してるプロゴルファ-の「横峯さくら」ちゃんが、ライフカード・レディスでツアー初優勝を決めた。マスコミは、こぞって「悲願のツアー初優勝」と見出しを出しているが、独自のスタンス・自らが作り上げてる技術をみせてくれる姿に一味違ったフィーリングを見る。地道な積み重ねで到達したものと敬服する。強烈な個性、職人芸的技巧やも知れない。天才的と呼べる部分を活かせるのは、周りの環境だろう。花を咲かせる幹、ご両親の存在は大きい。

 日本的精神性・・・「無の境地」は、まだまだ・・・。平凡たる非凡、これを見せてくれる日をたのしみにしよう。僕の感慨の中では、高いレベルでのスタートラインについたと勝手に思う。
毎日が修行であろうが、時に気分転換をも必要とする。そんな時、自転車に乗ってほしく思うのだ。これも僕の好みだが。頂点を目指すのは必定だろう。が、己の理想を自分で納得できた時が競技者としての向上。「超一流ならずんば止まず」「心・技一体」を一歩一歩積み重ねてほしく希して止まない。

先ずは、素直に「優勝おめでとう」 さくらの花の中で「一葉」にたとえたい。

c0021554_19441683.jpg


「星辰の如く 休まず急がず 人はみな おのが負い目の周りをまわれ」
        こんな、ゲーテの言葉を呈しよう。
[PR]
by redhupa | 2005-04-17 18:33 | Road-racer

Sleipnir次期ヴァージョン

ブログはじめました

Sleipnir次期ヴァージョン開発の現況公開ブログが始まった。
身近な知人達は、現ヴァージョンでも充分過ぎる程にありがたく使用させて頂いている。
PC初心者の僕だが、実に軽快さわやかに動作してくれる。上級者用タブブラウザと銘打たれているが、基本的使い方では、万人が複雑な設定をせずとも気軽に使える。他のタブブラウザとの違いは、初心者でも使いこなせる事だ。IE・Firefoxと言った組織的大開発とはわけが違う。開発者や、支援されてる方々に「ありがとう」と申し上げたい。また、開発・提供者の労をねぎらうのは、より多くの人々が使い、よさをわかった上で、感想を送る事と思う。技術的なことはさておき、初心者にもやさしいことを、声を大にして言いたい。次期ヴァージョンの小見出しには、是非にも「初心者から上級者~~」と記載してほしい。
皆さん、先ずは、使ってみてほしい。IEの不便さが実感できる。
[PR]
by redhupa | 2005-04-14 12:49 | 襍文化考

米・・若者気質

Wired News - 若者の人気を集めるブレーキなし自転車「フィクシー」 - : Hotwired

c0021554_10295741.jpg

             (1950年代のトラックレ-サ-)

自転車の楽しみ方、スポーツとしてみても王道を行く西欧人の感覚は、保守的。長い年月を以って、自転車スタイルを完成させた。伝統を築いて来た。一方、自転車の形・使い方に関して自由な発想!!創造的な感覚で「新しい事をし始める」のは、いつも米国の若者達だ。BMX(自転車モトクロス)・MTB(今やママちゃりと肩をならべるくらい一般的になった)これらは、米国の若者達が考え始め、遊び心・スポーツマインドを持ってハード・ソフトをつくり上げ実行してきた。BMX・MTBともに子供期~の使い方・利便性として理にかなっており、優れた自転車である。又、より速く・・・と言うロードレースの世界で君臨している王者、プロロ-ドレ-サ-Lance Armstrong は、米国テキサス出身である。今や自転車界をリードしている米国だが、その一方で面白い流れを紹介してる記事が、上記である。

c0021554_9371971.jpg

 最近、一部・米国の若者達に注目されてるブレーキなし自転車
 「フィクシー」。
簡単に言えば、競輪用自転車だ。公道で使用すなど考えもしない・・・。自転車と乗り手の人間が一体となれる自転車が「フィクシー」かも知れないが・・・。時折、我家近くの海岸線を競輪選手が走行してるのを見掛けるが、日常で乗ろうとは、思いもよらない。なぜなら、人間自体(動作)がブレーキ!!ギアが固定されているので急には止まれない。操作判断にかなりの熟練をようする。考え方では面白い事だが、街中で乗るには少々躊躇する。構造的には、自転車の原点に等しい。こうしたはるか昔の自転車構造で楽しんで乗っている人々がいる米国は、やはり凄い、と言うほかない。
日本でこの手の自転車を街中で乗るのは、危険を伴う。それ以前に道路交通法で許されているのか関心を持つ。流行でこうした自転車に乗るのは止めたい。いずれ日本でも見かけるようになる事を思うと?!?である。能書きは、さて置き生活の中で使っている自転車が、あまりにも粗末に扱われてるのが忍びない。ママチャリ!!といわれる実用車、使い捨てでよいものだろうか!?
[PR]
by redhupa | 2005-04-12 10:44 | Road-racer

春芽!!

横峯さくら - nikkansports.com: 桜散る?… (;-;)

c0021554_93445.jpg
ゴルフは、全くやった事のない僕だが、スポーツマインド・親子でのスポーツ挑戦という意味で最近、関心を以って見聞してるのが、若いプロゴルファー「横峯さくら」さんだ。

色々な意味で、これほどに注目されると、父娘ともに自分達のスタンスを維持できなくなるかもしれない。自分達だけではすまなくなるからだ。世間・他人は、勝手に評論・評価する。そんな中で、いかに自分達のスタンスを維持していくか!?!大変なことだと思う。父娘といえども互いに一己の人間だ。すべては、本人に帰ってくる。その圧力の中で自分を前に向かわせるのは、精神力に尽きるだろう。それを裏打ちするのが、体、技術、だと思う。アドバイスは、大切な事だが、総体を見ないといけないと感じる。心技体とは、よく言ったものだ。我が子を見ていて思うのは、スポーツサイエンスでかつて言われた「ザリアーテゥカ」「超回復」「能力最大発揮時期」これらを見据えて、長期展望に立って対処してほしく思う。毎日の積み重ねに尽きるだろうが、今の自分を、自分自身が把握した上で少し先を見て集中して望む。
さくらちゃんは、苗木、この春、芽が出て小さくも華麗に咲いた。年を重ねる事で巨木になるだろう。その姿を思っている。昨日、樹齢数百年と言われるヤマザクラ(稚児桜と呼ばれてる)拝していて思った。

 
[PR]
by redhupa | 2005-04-11 08:57 | Road-racer

名古屋の地下鉄!?!

マンホールのある電車が名古屋を走っていた | Excite エキサイト : ニュース

愛・地球博・・・開幕とあって混乱してるらしい・・!。へそ曲がりの僕には、空いたときにでもいければよいと、、、こんな調子で気持ちはあれどイベントに出掛けそこなうのが常だった。
名古屋関連で面白い記事を見つけた!?!「マンホールからモリゾウ、キッコロが顔を出してる??・・・。」記録に写真に収めたい^^。ずぼら・・・・どなたかリポートしてくれないかなぁ~~!!
[PR]
by redhupa | 2005-04-10 07:13 | 襍文化考