<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

”チャット”本質の一部

Wired News - 「サイバーセックス中毒」の実態 - : Hotwired
Wired News - 「どこで体験できる? サイバーセックス」 - : Hotwired
、『セックス・ドライブ』フォーラム

唐突だが、上の記事を読む機会があった。随分昔だが、まだパソコン通信と呼ばれていた頃、米国のコンピュ-サ-ブ( CompuServe) の Human Sexuality Forumの内容に驚いたことがあった。2年前に、チャットを知って、昔のことを思い出していた。日本のネットの世界は、議論の場が少ない。時間をかけてフォーラムをやってみたいとまで思ったのだが、時間がない。チャットのプライベートルームでの楽しみ方は、それはそれだ。何か出来ないものかとも思って形つくりを進めるところだった。反省の上に立って、模索をしたいと思っていたときに、しばらく前に読んだ記事が上のものだ。チャットを楽しんでいる人々、大人と言われる人々が、戯言のように言葉遊びをしている。「性」に関することは、生きる上で、大切なことである。が然し見聞きした会話からは、何の感慨も得られなかった。己の感覚と、チャットルームで出会った人々に大きな感覚のずれがあるとは思わないが、しがらみは、他人への思いやり欠如に尽きる。自分だけが、悲劇を負っていると思う勘違い。部屋がわの人間は、聞き役、司会者であることを忘れてる。更には、すべて義務で部屋を開けてるのではないだろうに・・・。つまりは、同じ立場で、対応してることが部屋主のあり方をおかしくしてるのだと思うてやまない。
[PR]
by redhupa | 2005-03-30 19:08

ブランクCD・DVD・・・太陽誘電!?!

Wired News - 記録型CD/DVD、ブランドに隠れた本当のメーカーの評価は?(上) - : Hotwired

普段、量販店でよりお買い得なブランクCD・DVD(未記録なもの)を買っているが、品質にこだわると奥が深い。何でもそうであるが・・・。

「太陽誘電」一般的には知らない名称だと思う。この会社が其界での最高位に位置してる。
そんな記事を読んだ。友達諸氏には、是非に読んでほしい。
冒頭に記した記事は前半部分。後半(下記)部分が興味をそそる。買う楽しみが増えた。。。!

Wired News - 記録型CD/DVD、ブランドに隠れた本当のメーカーの評価は?(下) - : Hotwired
[PR]
by redhupa | 2005-03-30 08:24 | 襍文化考

個人情報管理の危機!!

「Yahoo Messenger」がフィッシングの標的に - CNET Japan

楽しみだけでしかない、と思ってるメッセンジャーサイト。そこに登録している内容などたいしたことでは無いと思うかもしれないが、悪用されると思わぬ被害をこうむることになる。
米国ヤフーは、その攻撃あることを認める発表をした。ハッカーに対する認識が甘い日本では、今後狙われる可能性が大きい。おかしなメールやメッセージには触らぬことだ。即、削除を心がけよう。個々のメールはもとより、ウエブメール、チャットのPMにも気をつけたい。更には、ネットにつなぐだけでも危ない。ウイルスワクチンを導入することは、いまや必需品である。而してスパイウエアーやアドウエアーの対策も忘れてはいけない。

関連した記事も読んで見るとよい。下記;
正しいURLを偽サイトにつなげる「ファーミング詐欺」(上) - Wired News
正しいURLを偽サイトにつなげる「ファーミング詐欺」(下) - Wired News
[PR]
by redhupa | 2005-03-29 16:49

架空請求書・・・。

近況^^|超ー初心者

架空請求書・・・・最近多いですね。
退避方法は、無視するのみです。
決して送り主に連絡、返信とか等は、してはいけない。
最近は、メールで送りつけてクリックすると、自動的に契約登録をしたと称し金額請求をしてくることがあります。

以下は、予備知識。

****************************************************

電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律
「電子消費者契約法」

パソコンや携帯電話を使ってのインターネット上の契約(電子契約)について定めたもので勘違いや操作ミス(錯誤)による契約から消費者を守るという趣旨の法律です。

料金の発生することを知らずに消費者がサイトを利用して契約が成立してしまった場合でも事業者側が必要な措置をとっていなければ契約は無効(料金は発生しない)になるというものです。

詳しくは・・・
電子契約ではあまりに簡単に契約できまた契約フォームも決まっていません。
そのためよく内容も知らず、また操作間違いで成立していたという錯誤契約が多く起こります。
民法95条には「錯誤契約は無効」とあり、一見するとそのような契約は無効になりそうです。
しかし実はその次に「錯誤に不注意あれば無効とはいえませんよ」と但し書きが書かれているのです。不注意があれば無効主張できないとすると円滑なネット取引は阻害され、それを利用した悪質な業者も増えることになります。
そこで平成13年に電子消費者契約法が成立し、消費者が勘違いや間違いを起こさないように企業は措置を講じるべきであり措置がなければ錯誤が消費者の不注意によるものであっても契約は無効としたのです。

あくまで電子契約における勘違い・間違いについての法律なので、錯誤がない契約は無効とはなりませんので注意。

事業者側がとるべき措置とは;

事業者はボタンを押す=購入(有料)であるということを、ボタンを押す前にわかるように明示しなくてはいけません。
また申込みボタンを押した後に、消費者が入力した申込み内容を一度確認させるための画面などを用意する必要があります。

電子消費者契約法が適用される(とるべき措置を撮っていない)サイトで特に悪質なサイトはワンクリックサイトと呼ばれています。

用は、無視するだけです。

万が一に裁判所から呼び出しあったときは、無視してはいけません。
面倒でも呼び出しに応じ、その場で錯誤であり契約無効を主張すればよい。

法律条文は、下記のサイトを参考にしてください。
経済産業省のホームページです。

説明
法律
逐条解説
[PR]
by redhupa | 2005-03-20 19:56

チャットルーム

 チャットが、ネット上で一つのエリアを形成している。しばらく前までは、メールフレンドと昔の文通のような、それでいて結構レスポンスは速い事、個々の好みで対応出来た事で人気があった!?。ネットの利点だろう。このチャットは、リアルタイムで文字や声で対応できる。様々のカテゴリィーがあるようだが、部屋で特定する話題が無ければどこも一緒、と思える。チャットは、リアルタイム、即応ができる反面、勇み足も出てくる。
ルームを主催する者の個性・感性は、簡単には分らないものだが、なぜか雰囲気は伝わってくるから不思議だ。プライベートルームは、誰でも開室できる。一日だけの部屋もあるだろう。それこそ勝手にできる。同様に訪問者は、自由気ままに出入りできるのだが、ヴァーチャルに徹する、その場限りでの対話ならよいが、継続して開かれてる部屋は、おのずとリピィーターが出てくる。そこに対人的相関図ができ、ヴァーチャルな場であるにもかかわらず、現実社会的対応になってくる。社交の場、出会いの場、安らぎの場、、、、等々捉え方は千差万別。小さな限られた場であるが故に、参加している相手同士が、相手を気遣う気持ちを持って楽しむ、心したいものだ。
[PR]
by redhupa | 2005-03-20 11:03

タブブラウザ

FrontPage - タブブラウザ Sleipnir

ウイルスやスパイウエアー・アドウエアーなどPC環境を脅かすものが多く対策も末端では四苦八苦する。そんな中でPCの使い勝手、取り分けインターネット利用者にとって、画面の使い勝手は重要な部分だ。一般的には、ウィンドウズ添付??と言えるインターネットエクスプロラーでネットを表示してる人が多いだろう。特に初心者にとっては、だ。僕程度の初心者でも非常に使いやすい、使い方が分りやすい”タブブラウザ”がある。それは、表題に記した
"sleipnir(スリープニール)”である。画面の切り替え等が実にスムースであり、軽快に動く。このタイプのブラウザは、いくつもあるが初心者でも使いこなせる配慮あるブラウザは、sleipnirが一番と感じてる。高機能な技術もさることながら、使い勝手も初心者には、大切。
今、更なる改善を施した、次ヴァージョンが近々お目見えするらしい。資金力豊富な企業が開発してるのではなく、個人的!!に開発されて、フリーウエアとして公開されてる。利用者は、感謝あるのみだ。知人達に是非に知ってほしく雑文を載せる。
[PR]
by redhupa | 2005-03-18 12:49 | 襍文化考

お役所仕事の弊害!?!

Excite エキサイト : 社会ニュース

昨日、福岡高裁で判決が言い渡された【残留孤児の連れ子退去処分「不当」】。原告が逆転勝訴 した。この報道記事を読むと旧態全の「お役所仕事」が、いまだにあるのだと・・・。
行政官庁の法令遵守は、当然なことだが、そこには、基本的な人権に対する配慮はまったく感じられない。前例がない、法令がない等々で杓子定規に切り捨てる。以前は、裁判所も同様な部分が少々はみうけられたが、近日の司法判断は法の活用を慎重にではあるが建前ではなく事案に即した踏み込んだ判決が多く見られる。自国の法令のみならず、国際法規に照らして大局からの判断をもつべく事を示唆した、重い判決と受け取れよう。
行政法規は、誰のための法律か??社会は、動いている、対して法規は簡単には変わらない。手続き、検討等々を考えれば致し方ない。「人権」に係わることは、現状・背景を勘案せねば、何のための法律か。生きた法律を構築するのは、対応する行政者の資質でもあろう。
国は、上告などせず真摯に受け止め、これ以上、原告を苦しめるべきではない。行政官庁も国会も誰のための職務か。主権在民を真摯に考えてほしいものだ。
[PR]
by redhupa | 2005-03-08 10:20

スポーツライター・増田明美さん

05年3月6日、朝日新聞朝刊「おやじのせなか」に”増田明美”さんのインタビュー記事が掲載されていた。
増田さんのプロフィールは、世に知れている。また、ご結婚される由、一ファン!?としてお祝い申し上げたい。
日頃、マラソン解説等での選手のコメントを聞くにつれ、彼女の感性、表現の下地は何かと思っていた。この「おやじのせなか」で父上からの「言葉」が紹介されている。落ち込んだ時に、電話で語っておられた由。新聞の川柳を引用して「生きてる証拠にきょうも恥をかき」とか、彼女の現役選手時代、ロサンゼルスオリンピックで途中棄権した折の、父上の言葉「生きていればいいじゃないか」・・・。慰めの言葉って出てこないものだ。すばらしい。増田さんは、マラソン解説の中で、いつも選手のよい点を紹介している。絶えずプラス思考で前を見つめているようだ。幾多の選手が、勇気付けられたに違いない。日本の女子マラソン界にあってよき先輩であり、指導者であり、ライターでもある「増田明美」の存在はとっても大きいように感じられる。今後も後輩に助言を続けてほしく思う。
指導者は、自分の後輩、弟子のよき点を引き出してやるのが使命とも感じる。増田さんの指導者であった瀧田 詔生(たきたつぐお)師の影響か。瀧田さんは、室伏広治の高校時代の指導者でもあった。師の影響は、計り知れないものがある。
[PR]
by redhupa | 2005-03-06 05:43 | Road-racer