カテゴリ:襍文化考( 21 )

昭和は・・・遠ぉ~くなりにけり!?!



フランス菓子の名店「ルコント」が、2010年9月26日(日)に閉店した。

アンドレ・ルコント氏がお菓子や料理を通じて、日本に伝えたフランス文化。


彼のエスプリの効いた会話が懐かしい。c0021554_15124250.jpg
このケーキ、”パリ・ブレスト”は、ツール・ド・フランス(Tour de France)ゆかりのお菓子と聞いている。
ツールの前身レース(モデルになったレース)・・・
1891年にパリとブルターニュ地方の町ブレスト間で、 「パリ・ブレスト・パリ」(PBP)が行われた。
パリ~ブレスト間の約1200kmを90時間以内に往復する。

伝統菓子の名称の由来として諸説あるらしいが、このレースの開催を記念して作られたと言うのが有力な説。
パリのロングイユ通り(コース沿道)にあった「メゾン・ラフィット」という菓子店の職人、ルイ・デュラン氏が考案したと伝えられている。

※ツール・ド・フランスは、スポーツ新聞ロト(L'Auto・今のレキップ紙)がライバル紙に対抗して企画されたのが始まり。自転車レースを企画していた他社とは、ル・プティ・ジュルナルがパリ~ブレスト往復、ヴェロ紙がボルドーパリを主催していた。
この中で最も古いのが”パリ・ブレスト・パリ(Paris-Brest-Paris,PBP)、1891年に第一回大会が開催されている。このレースをモデルにして出来たのがツール・ド・フランス、つまりは、フランス一周レース。
仔細は別にして、こうした事を教えてくださったのは??40年年以上昔・・学生時代に。。。
当時、六本木に”ルコント”というケーキ屋さんがあって、オーナーのAndre Lecomteさんから教えて頂いた。
ルコントさんは、東京オリンピックの仏蘭西菓子シェフとして来日、以来,終生日本の仏蘭西菓子発展に寄与した方。
彼のエスプリに富んだ会話が懐かしい。ロードレーサーで訪れ2階のサロン・ド・テに来るものなどいなかったからか??頂いているケーキに色々と解説をしてくださった。それがこのケーキだ。※


リング状に絞ったシュー生地にクレーム・プラリネを挟んだ姿は、自転車の車輪をイメージしている!?!
上には、アーモンドスライスをたっぷり振りかけて。。。
又、上にアーモンドが無く中にクレーム・シブーストを使ったものはパリ・ニースと呼ばれている。
中に挟むクリームにも、イタリアンメレンゲを加えた軽いバタークリームを使ったり、カスタードを加えたり、シャンティを加えて軽やかにしたり。。お店によって、シェフによって、少しずつアレンジされて楽しい。
*パリ・ブレストそしてパリ・ニース共に現役のロードレ-ス*

ルコントのパリ・ブレストは、クレームパティシエールにバター、
プラリネ、シャンティー、イタリアンメレンゲも加えた、スペシャル・クリームだった。
”クレーム・パリ・ブレスト”としか言い様がないかも・・とルコントは解説していた。

手間がかかるためか、お菓子屋さんで余り見かけない。

今年、クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ(フランスの伝統菓子の継承や普及のための団体)が、
ツール・ド・フランスに合わせて7月にプロモーションして、
クラブ会員各店に”パリ・ブレスト”を店頭に登場させたとか。。。
多くは、プティガトーサイズだったり、
夏場に合わせて、シャンティー・オ・プラリネの軽いクリームだったりと、
シェフも時代の嗜好に合わせて、伝統をベースにしながら、
試行錯誤されていたようだ(友人情報)。。



・・・ケーキ好き・ツールファンには、溜まらない!!是非に、賞味してください。。

ルコントと云えば今一つ

Eufs à la neige souce anglaise (ウフ・ア・ラ・ネージュ、ソースアングレーズ)がある。

c0021554_15173530.jpg


ルコントは、伝統的な菓子職人。ムッシュ・ルコントと言える風貌だった。
「ルコント」(店)は、1968年創業で、
日本で最初のフランス人によるフランス菓子専門店。

僕の好きだった、2つのケーキ・・・

Eufs à la neige souce anglaise(ウフ・ア・ラ・ネージュ、ソースアングレーズ)
Paris Brest(パリブレスト)

六本木の小さなお店の2階・サロン・ド・テでの会話を思い出す。

パンも素晴らしかった。特にルコントのクロワッサンは、絶品だった。
日本国内で、あれを超えるものを食した事がない。
昭和は、遠くなりにけり・・・だねぇ!!

André Lecomte(アンドレ・ルコント)さんは、
1931年 フランス・フォンテーヌ・ブロー生まれ。13歳で菓子職人の修業を始める。
1956年 ホテル・ジョルジュサンクのシェフパティシエに就任。
1963年 ホテルオークラの招聘で来日。
1968年12月17日 六本木に日本初のフランス人パティシエのフランス菓子専門店「A.ルコント」を開店。
1968年 フランス料理アカデミー日本支部創設のために尽力し、初代会長を務めた。
1978年 店舗を六本木から青山に移転。
1994年 「ブラッスリー・ルコント」を青山にオープン。
1999年 逝去。
その後は、奥様ががんばっておられたが、、、閉店を決断された。

僕等の青春・学生時代・・・フランスの街角にあったサロン・ド・テ
そのものだったケーキ屋さん。
懐かしく思いだすが、チョット淋しい。
[PR]
by redhupa | 2010-10-06 23:30 | 襍文化考

"ALEX Singer"!!


c0021554_17541678.jpg


今、ちょっとした自転車ブームのようだ。しばらく前はMTBだったが、
今度は、ロードレーサータイプ(雑誌等ではロードバイクと呼んでいるが??)。
サイクリングロードは、華やかな色とりどりのジャージを身に着け颯爽と走っている。
自転車好きな僕には、嬉しいことだ。
でも何故、一種類の車種に集中するのか!!不思議だ。
これが日本人特有のブランド志向の表れか、などとうそぶいているのだが・・・。
売り手・・メーカー側からすれば、何かにターゲットを絞らないと、なのかもしれない。

先日、部品を買いに行きつけの自転車屋さんに行った時、
一部の自転車愛好家より絶賛されている高級自転車が展示されていた。
ある意味では中古、オークション的か??金額もさることながら、
美しいことは言うまでもない。その自転車が、画像の2台。
ランドナー(ツーリング用自転車)とロードレーサー風自転車。
"ALEX Singer"!!・・・"Rene Herse"と並び絶賛されている仏・最高級自転車だ。
今の最高級ロードレーサーが2台も買える金額、何とも贅沢な自転車。
ある意味での自転車の芸術品である。
西欧社会では、サンジェやエルスに乗れるのは、自分のステータスでもあった。
1940~80年代に顕著に表れている。
ある意味での^^自転車のロールスロイスであるか!!
"ALEX Singer"の店頭ウインドウには、三輪車まである。
幼児車も高価なのだろうか??

c0021554_19281431.jpg

[PR]
by redhupa | 2008-11-24 19:28 | 襍文化考

ポタリング!!

c0021554_11444755.jpg



身辺のサイクリングロードを走っていると
レースシーンを想うような光景に良く出会う。
ロードを乗り始めた頃、ジャージ・レイパン姿は、
競技者が身につけていたくらいだった。
時代が変わると何とも・・・。
後ろから見ているとカッコ良いが威圧感がある。
踏み込んで追いついてみると初心者だったりする。
楽しんで走行されてる方・・・それはそれで良いと思う。
こうしたカッコ良い老若男女に付いて行くと!?!
思わぬトラブルに出くわす。
車間距離を取らないといけないと痛感する。

首都圏のサイクリングロードは、週末ともなると
賑わいを見せる。

のんびりと走るのに気が引ける思いだ。

画像のようなスタイルでポタリング!!
時代遅れなのだろうか??

自転車愛好家が増えたのは、大歓迎だ。
でも走行マナーは、持ちたい。
雑誌などで啓蒙してもらいたいものだ。

画像は、kinopioさんのサイトからお借りした。
http://kinopio.com/

[PR]
by redhupa | 2008-11-15 11:45 | 襍文化考

ポイ捨て!?!


先日、所用があって境川にある神奈川県立境川遊水地公園内の情報センターを訪れた。
遊水地としての立派な施設を観て回り、関係者の努力に感謝する思いだった。
この情報センタ-には、自転車を休ませるバイクラック(棒)が設置されている。
ロード・MTBのレーサータイプのバイクは、スタンドをつけない。
我々にとっては、大変ありがたい。
当日は、車で出かけたのだが、帰ろうとしたとき、車の中からとんでもない光景を見た。
レーシングジャージを着て、様になってる中年男性が川の土手のほうに歩いて行った。
何をするのかと見ていたら・・・食べたバナナの皮を土手に投げているではないか!?!
様子を見ていると、別の男性がお菓子の包装紙を土手に捨てていた。

確かに情報センターの中には、ごみ箱はない。
しかし、自分で持ってきたものは、持ち帰るべきではないか。
何のテライもなく、ポイ捨てしてるサイクリスト。
マナーなど考えもしないのか??
画像は、以前、撮ったものだが、サイクリストに便宜を図ってくれたのだろうか!!
サイクリングロード内、休憩場所等にこのようなものを設置したいものだ。
だが、ポイ捨てする大人がいるようでは、、、、??
サイクリストの皆さん・・・ポイ捨ては止めよう!!
c0021554_1472468.jpg

[PR]
by redhupa | 2008-05-20 14:07 | 襍文化考

近未来・・・自転車


c0021554_14125030.jpg



先日、女性だけでロードレーサーに乗ってツーリングされている方々
のイベントに参加させていただいた。
参加者各自、愛車を輪行して、目的地の田沢湖駅に集結した。
輪行袋から出てきた皆さんのBike!?!
半端なセッテイングではなかった。
そこで目にしたBike達・・・、
これからロードレースをはじめるのか!!と思える素敵なもの。
手入れも・メンテもいい加減で持参した僕は、恥ずかしかった。
参加者の平均年齢を考えると、おそらく50代半ばか??
そんな女性方の走りも、どうに入っていた。
3日間で数百キロを走破したが、疲れた様子は、全く見られない。
驚きを以って帰宅した。

「楽しむ」目的で、ロードレーサーの爽快感を味わっておられる。
40年来、自転車とお付き合いしている僕だが、
彼女達の走行に圧倒された。
ここまできたか・・・と感慨ひとしおであった。
自転車も使われ方が多様化している。
身辺のサイクリングロードを走って見ると、
レーサー顔負けのBikeとコスチュムで楽しげに走行している若者達はいる。
団塊の世代・・・云々と囁かれている昨今、
おばさん・・おじさん達も、自転車を楽しもう!!と、
ツーリングで実感していた。

先日、画像ファイルを整理していたら、何処で頂いたものか??
トップの画像を見つけた。
やがて来るだろう僕を思うと、かようなBikeで・・・
爽快感(自転車目線での)を、年老いても肌で感じたい。

画像のようなBikeの出現を待ってみたい。


[PR]
by redhupa | 2007-05-30 14:11 | 襍文化考

ものの捉え方!?!

日々の生活の中で、

社会の様々な出来事を如何に自分的に捉えるか!?!

誰しもが思うことの中にも見過ごしてしまうことがある。

自分にとって関係ないこと、社会での既存・一般的倫理の中で、

一個人の考えであっても思考してみたい。

そんな自己主張が容易に出来るのがブログであろう。

法の判断は、専門家だけが出来るのでもない。

社会的コンセンサスも重要な判断要素、である。

法的判断は、狭義の法・条文解釈だけでではない。

社会通念として、要件妥当とする内容であれば、

法・条文解釈を拡大できるとする判例が出始めた。

現行法をも活用・・・できる事である。

それ故、生きた法律になる。硬直した判断でよいのではない。

先日、画期的な判例が出た。

「代理出産」を容認する・・判断基準を定義するべくな判決。

世に不妊で悩む夫婦は、多いであろう。

欧米で言われる「生殖補助医療技術」を一個の人間として真摯に

考えて見ることも大切である。

日本の医学会は、容認していないかもしれない!?!

更には、養子ではなく実子として出生届を出したいのは当事者・

子供が欲しい親の身勝手なことか??

而して、「出産した女性だけを母とする」法解釈ははたして??

現代社会において正論か??

生殖補助医療技術の確立・法制化が検討されている時期だが、

生命倫理に基づいた真摯な分析・検討、既成概念に捕われず、

東京高裁の判断・決定書が示すように、真摯・慎重にではあるが、

国民、一人一人が、思考すべき時が、今、と感じる。

高裁の決定書にある「わが国の民法は、生殖補助医療技術が

存在しなかった時代に制定されたが、現在はこうした技術で人為的な

操作による妊娠や出産が可能になっている」「法制定時に想定されて

いなかったからといって、人為的な操作による出生が、わが国の法秩序

の中に受け入れられない理由とはならない」

但し、ケースバイケースであることは確かで、慎重な判断、実施に際しての

基準・規定を早急に国として策定して欲しい。

現実問題として、向井さんの場合のように既存の問題を、

国の審議会の答申で「代理出産禁止」と言う法律が出来ようとした前に、

東京高裁という場で出た決定は、物議をかもすことは確かだが、

誰のための法か!?!と言う点で、まさに当事者の立場にたった、

慎重に審議された真摯な決定、人道的な決定と、賛意を表したい。
[PR]
by redhupa | 2006-10-03 17:25 | 襍文化考

現行法の限界か!?!

安部首相の誕生記事で一面では報道されなかったが、
重大な判決が東京地裁であった。

現行民法の解釈での事である。

刑事訴追、殺人罪の時効成立後に犯人が自主した。

民事の不法行為・損害賠償の除斥(時効)開始時期が争点であったが、

東京地裁は、不法行為(殺人)時を除斥開始時とした。

しかしながら、犯人(容疑者)発見、特定が出来なければ

損害賠償を求める事は出来ない。

この矛盾を明確に説明する判決内容記述がない。

何のための、刑事・民事か分からなくなる。

法条解釈は、狭義ではなく、広義であるべきではないか??

民事法は、国民一人一人の固有の権利。

その権利取得は、「行為」が行われた時点ではなく、

知りえた時点が、排斥開始時点でなくてはおかしい。

今後の上級審の判断が注目される、それにはまた長い月日が・・・。

被害者遺族の救済が、あってしかるべきであるが、

遺族の苦悩は、最終判断が確定するまで待たなければならない。

それ以上に、人を殺めてしまった事は、消えない。遺族の苦痛は??

そこに、個々に損害を賠償する責務は、ある。

安易に他人を殺める、現代社会。

今こそ、人間同士の、生きる尊厳を明確にする時ではあるまいか。

それこそが、法治国家、罪刑法定の根幹であると想う。

人間だけではない、自然界・・地球上に生きてる総ての生物に

視点を広げるべきだ。
[PR]
by redhupa | 2006-09-27 07:00 | 襍文化考

『テクノロジーの狂気』そして宗教。

表題の言葉は・・・

西暦1900年生まれで2002年3月13日に永眠された、

哲学者ハンス・ゲオルグ・ガダマー、享年102歳・・

が最後に世人に語った言葉である。

あの9・11事件直後に語った老哲学者の困惑、

『暴力にまでなった「宗教」・・・と。

師は、「如何にすれば理性的未来を構築できる」と、苦悩を見せていた。。。

その上で、「死」が何を意味するのか、、、

「暴力」がウィーンの城門の前に立ちはだかった

(オスマン・トルコ帝国による1529年、1568年の第一次、第二次ウィーン包囲、

また1683年のトルコ軍によるウィーン包囲等を指す)などの歴史上の事実・・に重複させ、

「恐ろしく長い間絶えて無かったことを思うと本当に不気味に感じられてきます。」

「共通感覚」・・「他者の思考」・・「他者の理解」』等を語っておられた。。

20世紀を代表する一人の哲学者の言を思いながら、

9・11事件以前に日本に存在した事件「オーム事件」も忘れてはなるまい。

宗教の存在が、我々の生活に如何なる力を呼び起こしているのだろう??か。

宗教は「何をなしうるか」、凡人の己には分からない。

「テクノロジーの狂気」、宗教の恐ろしさを「オーム真理教」等の新興宗教に見る。

科学技術を用い、「詭弁」「妄想」、言葉巧みに言いたい放題。

「オウム事件」を空洞化させてはいけない。

その他の怪しげな宗教団体も含めて、

罪と罰、倫理と行為規範を裁判の中で深く審理して欲しかった。

オーム事件の首謀者に断罪がくだったが、中味の全くない事実に対する結論が出ただけだ。

人が人を裁く、そこには「審理」と言う客観的整合性がなくてはいけない。

「裁判・訴訟制度」の根幹をなす、「検証」が疎かにされ、法廷技術(訴訟技術)

つまりは、形だけの訴訟が先行して、裁かれる加害者、そして救済・ケアーされるべき

被害者の存在を充分に検証していない、蔑ろにしている。

同時に、言論・行政・政治、それを動かし携わっている人々にも危惧感を持つ。

科学技術だけではない、倫理観・行為規範もおかしい。

 歴史は繰り返されると言われるが、、、、。



19世紀末に、仏の社会学者デュ-ルケ-ムは「アノミ-現象」と言う概念を世に問うた。

『行為を規制する共通の価値や道徳的規範が失われた混沌状態』。

更に前世紀の18世紀中庸から世紀末に掛けて同じ仏の思想家、ジャン・ジャック・ルソ-は、

「人間不平等・起源論」を表し、師の生涯の主張は「人間の回復」であった。

日本でも余りにも有名な「自然の摂理を尊び、それに従え」と云う言葉。

18・19・20世紀と進に連れて人間は文明に酔いしれて本来の姿を忘れてしまった。

今、 問われるは「人間とはなんぞや」であり21世紀の課題と思える。

人間社会・法社会のあり方、世界共通の法構造をしっかりと模索すべきではあるまいか。

その前に「法の前に人間たれ・・・と言いたい。

西欧の基本理念に宗教の存在があった。

宗教者が社会を支配していた中世から近代に至った事実を反芻すべきであろう。

宗教に名を借りた宗教人達が社会の趨勢を影で意図引いていた。

現代社会に置いても文化的と称して、固有の論理を展開し、

社会を洗脳化しようとさえしている。

こうした事を紐解かねばならない。今や隣接分野との共同研究をすべき時に、

学問は、細分化している。

ましてや机上の学問であってはならないのだが、

専門研究者と一般社会では、乖離が見られる。

今の日本社会は、まさにアノミ-状態である。世界全体かもしれないが・・・。

裁判制度、否、法を哲学すると、オウム事件、様々な事件において、

弁護人の「正義」とは何ぞや??と感じる。
[PR]
by redhupa | 2006-09-19 12:41 | 襍文化考

夏本番・浴衣がいい!!

漸く、夏らしい天候になってきた。でも気温は低め、あの灼熱、蒸し暑いのが日本の夏っておもうて止まない。
我が家近くに家庭菜園がある。色々な野菜を栽培している。普段お目にかかることのない野菜の花が見れて、食する野菜の綺麗な花を見せて頂き楽しんでいる。
いつも急いで通り過ぎるので、写真を撮った事がない。
今、ひまわりの花が咲き誇っているのだが、今ひとつ元気に見えない。今年は冷夏なのだろうか??
西欧の今年は、猛暑である。このような天候の時は、日本は暑くならないらしい!?!
ドイツは、借地の家庭菜園が盛んだ。そうした場をクラインガルテン(小さな庭)と呼んでいる。
さて、本題^^。
神奈川県下のあちこちで、花火大会が開催されている。8月1日に江ノ島で花火大会が開催された。江ノ島周辺はたいそうな人の山。チョット遠くから眺めることにした。浜で若者が、浴衣姿で語らっている。「浴衣」は日本の夏に、、、ヤッパリ似合っている。
c0021554_14452833.jpg



江ノ島花火大会



[PR]
by redhupa | 2006-08-04 16:24 | 襍文化考

2005年の締めくくり

2005年は、公私にわたっていろいろと考えさせられる1年でありました。

最近、日本でも紹介されている、釈迦の再来と言われている!?!瞑想少年、紹介映像を見ていて、自分も、瞑想・・・悟りを持ちたいものだ。自問自答、答えは見えない。もがくように未来にむかう、「和敬清寂」、茶の心を思う日々である。

c0021554_1192260.jpg
来る年、宜しくお願い申し上げたく思って止まない。
[PR]
by redhupa | 2005-12-31 11:09 | 襍文化考