カテゴリ:Road-racer( 34 )

楽しく走ろう!?!

先日、タイヤの具合を調べるために海岸線を走り満足して定番の境川CRに入って遊水地情報センターで休憩した。

顔なじみのピストマンと話してそろそろ帰ろう、とBikeスタンドに近づくと・・・?面白い仕様のアマンダBikeやFUJIのBikeに目がとまった。
スタンドから僕のBikeを下していると、後ろから声が聞こえた。
”この辺では、アマンダに出会わないですねぇ~~~!”と。
振り返り・・アマンダ談義をしていると、
”僕、元競輪選手していました石井です。”えぇ~~~!!
あの・・・北京パラリンピック・金メダリストの石井 雅史さん。。。だぁ~~!

昨年、9月(09年)の世界選で落車、重傷を負ってイタリアの病院に入院してた??
そんな彼が、元気な姿で目の前に居る。体調は、回復しつつあるらしいが、未だ痛みは消えないと話されていた。

c0021554_13502580.jpg


そんな話をしていると・・・彼の仲間が、後ろで、若者と話をしているのが聞こえた・・・”一人で観音崎まで云々・・・。
振り返ってみると、華奢な若者が・・・。
聞けば、ロード競技に関心あるとか・・小遣いためて、アンカーを買ったとか!
石井さんの仲間2人と僕の4人の大人が感心しながら、若者と自転車談義を。
若者は、中学生とのこと。。。i石井さん・中学生父子で記念写真。

c0021554_14335597.jpg


出逢いって不思議なものだ!何か引き寄せられる”縁”ってあるのか。

石井さんのBike、個性的だった。全くのロードレーサーに泥除けを付けていた。
ポタリングの妙って感じる。
石井さん、秋の世界戦に向けて頑張るとも言っていた。
そして若きロードマンに”楽しんで、重いギア踏まないようにコンパクトで”
といいながら・最後に楽しめよ^^)、ってアドバイスしていた・石井さん。
中学生は、北京での石井さんをTVで見た、と楽しそうに話していた。

子供期は、先ず楽しんで走ることから始めたい。
貴重なアドバイスをじかに聞いた中学生、よい方向に進むだろう。

小柄な中学生、もっと短いクランクに替えた方が・・・と思ったが、
小遣いをためて自分で購入したBikeとのこと、次回会った折に話そうと、
別れた。
[PR]
by redhupa | 2010-02-22 14:53 | Road-racer

サイクリング・・ポタリング!!

c0021554_16181683.jpg


妻と一緒のポタリング、ノンビリと境川サイクリングロードを走って。。。
老人に優しい木リムにして、先週までは前コンプレッション・後ディスクホイールで乗っていた。
旧ドバッツフレームでディスクホイールを付けて2000キロ、アマンダフレームで1000キロ。
木リムでの山上り・・・何と爽快だったか!!後ろから押してくれるような乗り心地だった。
妻と一緒のポタリング、ユックリ・・のんびりと走るには、コンプレッション・ディスクホイールでは??
と前後ホイールを木リムスポーク仕様ホイールに換えた。
先週末、妻と一緒に境川CRをのんびりと走っている時、猛スピードで横をぶつかりそうに追い越して行くBikerが居た。
危ない!!と叫んだが、振り返らず行ってしまった。
次の日、ひとりで買い物方々、境川CRを走っていると、前日と同じように追い越して行くBikeがあった。
今日は、ひとり・・幸い前方には走行・散歩をしている人は、居なかった。
道幅に余裕があるのにはば寄せするように追い越して行くのに腹立って、追走した。
街道を横切る手前で並び注意をしたのだが・・・!?!何の反応もない??
挙句の果てが、近づく車を知りながら急発進、車は、急停車!!”運転者が罵声をあびせていた”
このBiker、ヘルメットにバックミラーを装着していた。何とも不可思議な思いであった。
それにしても危険な走行・・・やめてほしいものだ。
前日のBikerも同じようなカッコをしていた。妻は、急停車して難を避けられたが・・・
危険・・危険!!絶対にやめてほしい。すり抜けるテクニックをひけらせているのだろうか??
Bike・ジョギング・散歩をしている人が前方にいたので追従はやめたが。。。
こうしたBikerが増えでもしたらCR自体がなくなってしまう。
想いをめぐらしていたら白旗まで行ってしまった。そこで引き返して買い物に行ったが、気分悪かった。
白旗の休憩場で飲み物を飲んでいる時、・・・素晴らしいBikeに乗った紳士が来られた。
Bikeを眺めていると気分がやわらいた。ポタリングって、その方のように楽しむものだと思った。
サイクリングロードは、練習場ではない。状況を見極め走行してほしいものだ。
[PR]
by redhupa | 2009-02-23 16:15 | Road-racer

My Road-racer・・・叛逆のろれつ!?!其の二

c0021554_15575595.jpg


昨年の2月にディスクホイールが出来上がり、次いでコンポジェットホイール・フレームとメインが出来上がった。
コントロールレバー等コンポをULTEGRAにして組み上げた。
最初、考えていたサドルはSELLE sanmarco ROLLSだったが入手が遅れてCaymanoFXを装着。
走行を重ねてみると、このサドルの素晴らしさ”実に爽快にフィットした”。
だが、マイイメージに見合うのは、ロールスをおいてない。。。!?!
その思いが、ついに現実のものとなった。
日曜日、緑山から帰宅したらSELLE sanmarco ROLLSが届いていた。

c0021554_1633848.jpg


イメージぴったりだ!!使い込むに従ってよくなる革サドルのようだ。セッティングが楽しみだ。
かつてのサドルは、使い込む程により良くなり馴染んだものだ。
早速、つけ替えて、境川を走ってみると、いいなぁ~~~!!って感じ。大満足だ。

c0021554_1735775.jpg


完成したMy Bikeを撮ってみるとフレーム色が完璧に表せない??なんでだろう!?!
単に腕の問題だろうが。
イメージぴったりのMy Road-raser乗ってみると”凄い”のひとこと。。。
実に「老人に優しい」ロードレーサ風Bikeの完成だ。
木リムコンプレッシヨン・木リムディスク前後輪は、振動吸収・加速性に優れている。
レース志向でなく、ポタリングでも許されるとおもうのだが・・・。
[PR]
by redhupa | 2009-02-11 17:21 | Road-racer

My Road-racer・・・叛逆のろれつ!?!

c0021554_824641.jpg



AMANDAの千葉洋三さんの巧力をお借りして「年寄りに優しいBike」フレームが完成した。昨年の夏のこと。
僕の思い入れ・・伝説のレーサー、E・メルクスをイメージして’80年代・クロモリ仕様。
「年寄りに優しい!!」を千葉さんに訊ねると、「クランクを短めに組むことだよ」と。
そう言えば、昔・プロ・ロードレーサーにも同様な事をお聞きしたことを思い出した。
フレーム・クランク以外は、自分で組むことになったが・・・!?!
これは、BB周りの精度を高めるビルダーのこだわりかもしれない。
何を使うかは、僕の好みであった。
国産パーツにこだわってみようと思っていたのだが、、、!!
DURA-ACE以外の下位ランクでは、5ミリ間隔でしかクランク長がないではないか??
そこで装着したのが、SUGINO ALPINA2 800DD 167.5mm 48X34T Compact Drive
ロードレーサーを乗る人口が増えてるこの時期、105でも2.5mm間隔で販売してほしい。
そして、150mmから造って欲しい。
できるものなら10mm間隔でクランク長を製造してほしいものだ。そしてコンパクト・チェーンホイールも。
スギノを選んだのは、クランク自体のフォルムもさることながら、スギノファンだから。
マイバイクを完成させて、近間を・・そして峠越えに挑戦してみた。
短めのクランク・コンパクトドライブ設定は、まさに年寄り向けセッティングにできた。
未だにマイイメージで組んでいないのは、サドルだけになった。
それを装着出来て完成!!その日は近い。
[PR]
by redhupa | 2009-01-24 09:24 | Road-racer

1813・・1818~~2009!!

c0021554_444988.jpg



2009年初めに思うた事。
自転車(前後の2車輪仕様)の最初は、ドライジーネ!!
1813年ころに開発されて、1818年にフランスで特許を取得している。
その特許はそのハンドルで、前輪の方向を変えられることだったらし(仔細は略)。
ドライジーネは、今流に言えば”MTB"感覚・発想だったのではないか!?!
街中の石畳道には不向き、移動手段なら馬車や牛車があった。
ドイツ語で自転車のことをファーラットと言う。遠くへ運ぶもの(意味)。
更には、ドイツの地形・丘上に都市は発展し、森は丘下・平地にひろがっている。
19世紀には森の中の道も整備されていたはずだ。
ただ馬車で通るには道幅が狭かったに違いない。
土の弾力・木輪の弾力・・結構楽しい乗り物だったのでは!!

c0021554_616122.jpg



歴史的検証は、置いておいて・・・。
木の自転車に始まり・・鋼材主体の自転車に進化して200年余り。
そんな中で今、木リムを使ったホイールに乗ってみると
車輪の力量!!の凄さに驚かされる。
今使っている前輪は風貌的には200年前の形!!
何とも楽しい。大人の楽しみ方でもある。
老人!!には優しい車輪だ。

c0021554_6343776.jpg



アマンダの千葉洋三さんの木造バイクは知られているところだが、
今年のハンドメイドバイシクルフェアーにはこんな自転車も登場するのか!!
楽しみだ(未確認)。

c0021554_6511627.jpg


小畑芳春氏HPより佐野末四郎氏製作自転車。
http://sanomagic.world.coocan.jp/bicycle/20080920/index.html
[PR]
by redhupa | 2009-01-04 07:13 | Road-racer

片持ちフォーク!?!

c0021554_5181611.jpg



1980年代後半から’90年代初めころ、変わった!?!BMXがあった。
オートバイならあるが、片持ちフォークのBMX。
(画像上はクルーザーフレーム、20.in Miniは下画像)。
次男がミルキー時代に使っていた(下画像)。
タイヤは、チューブラ仕様に..。それには、わけがあった。
woタイプのリム径より小さい。同じ20X11/8でも。
身長の低い子供には、最適であった。
子供の体力を考え、極力軽量化を工夫したBMXを目指したものである。
今様のミニフレーム軽量化はされているが・・・!!
細い1/8(WO)リム径は、小学生低学年の子供達にはふさわしくないだろう??
短いクランクがある今、BMX界では、リム径・・・タイヤが問題では(ミルキークラス)。
1/8のチューブラタイヤ、今は生産されていないだろう??
次男が使用していた頃、クレメンが素晴らしいタイヤを作っていた。
ミツボシのコンペVも良かった。どちらも今はないが。。。

身近にミルキークラスのお子さんがBMXレースにデビューするかもしれないと。
我が子長男も、まだ現役で走っている。
彼が、後輩へのアドバイスもするだろう!?!
かつて、子供はライダー、保護者はメカニックと・・・・
我が子ではないが、応援団として
来年は、子供用BMX(車)等のデータ収集を再開してみたい。

c0021554_682855.jpg

[PR]
by redhupa | 2008-12-31 06:02 | Road-racer

FBX-Trail訪問!!

c0021554_12241028.jpg



自宅から10数キロの所にFBX-Trailがあることはブログ等で知っていた。
思い立ってポタリングの途によらせて頂いた。
なかなか場所を見つけられず地図でしっかりと調べておくべきだった。
ようやく辿り着いたそのTrailを拝見して驚いたのなんの!!
土質からして創設者各位の尽力が伝わってくる。


c0021554_12372121.jpg


ダート系のあらゆる競技の練習場にふさわしい凄いところ、と感嘆の呈であった。
うまく撮れていないが、本当にすごい。
初心者から上級者まで対応できるように造られていた。。

コース見聞を終えて帰ろうかと思った時、
父子がコースで練習を始めた。訊ねるとレースをしている由。
しばらく見させてもらった。
最近の少年用バイクを拝見させて頂いた。
クランクは、135mm・・・進化してるんだぁ~~~!!と感心しきりだった。
認識不足を痛感、そしてBMX観戦が沸き起こってきた。
調べてみると今やクランク長は、115mmから5mm間隔であることを知った。
BMXに限らず、子供用自転車の適正クランク長を日本のメーカーも検討すべきだ!?!
声を大にして言いたい。。。


c0021554_1313950.jpg


練習に来ていたお子さんの活き活きとした姿を拝見していて、
BMXのフレーム、昔風のクロモリ(細い)パイプに熱き思いをよせるところ。
やはり古き人間か^^。
[PR]
by redhupa | 2008-12-20 13:13 | Road-racer

叛逆のろれつ考・・・回転能力!?!

c0021554_14554631.jpg



雨降りの日曜日、部屋の片づけをしていたら、昔のBMX Teamの応援旗^^が出てきた。
これ等を振って応援したのでした。懐かしく思い出します。
今のKUWAHARA BMXロゴ、昔のままですね。
20年も昔、もらったKUWAHARA ロゴ入りグローブ(軍手)、こんなのもあったんです。

いろいろなところで目にするチビッコライダーのギヤ比が気になります。
10歳以下は、回転能力で勝負です・・・。
5~6歳頃は、負荷を掛けないで、軽いギア比でグルグル回せる能力を身に付けたい。
昔は、5~6歳ごろは、34X18から始めさせたものです。
体力差は、ありますから・・・臨機応変ですが・・・。
見た所、大方の子供さんたちは、重いギアを踏んでいるように思える。
[PR]
by redhupa | 2008-12-16 15:27 | Road-racer

家族のため・・・!?!

c0021554_13483689.jpg


家族・・・同居猫、バニュー(雄)が早いもので7歳を超えた。
バニューは、長男が生後半月にも満たない頃だろう??
台風が上陸しそうな時、平塚、馬入川沿道にうずくまっている所を見つけ
連れ帰った猫である。
連れ帰ったとき、弱々しい鳴き声で何かを訴えていた。
即刻、近くの獣医さんに診てもらったら足の肉球が炎症を起こしている程度だった。
治療をしてもらい、食事のこと等を教えてもらった。
この時、お勧めのドライフーズのサンプルをくださった。
以来、それを食している。
数年前に、今の所に引っ越して夫婦とバニューとの生活だ。
ドライフーズを買う為に!!数10km離れているお店に買いに行く。
近間でも得られるのだが、ポタリングを兼ねて自転車で行くのが常々・・・。
この行動に妻を巻き込もうとしているのだが・・・中々うまくいかなかった。
サイクリングロードを使えば余り危険な所はないのだが・・・。
妻を同道させる手段を思いついた。

アイスクリームがないと生きていけない・・と言い切る妻に格好の場所がある。
境川CRを利用するBiker、御用達!!の飯田牧場のソフトクリーム等々。
これに釣られて、ポタリングする妻・・・・
だが、バニューのため・・・とドライフーズを買いに行くだけでは躊躇する。
妻のためにも良い”ポタリング”・・・しめしめ・・・と思っているが・・・?
最近、あるブログで、境川CRに女性ラBikerが少ない、との記事を見た。
言われてみれば確かに少ないのだが・・徐々に増えるだろう!?!
我々は、平日、走ることが多いので女性Bikerをあまり見かけない、、、。
初心者には、良い状態(走行車が少ないのは)。
女性Bikerが増えれば、全体的に利用者も増える、僕にとっては痛しかゆし。

バニューに食事を与えるとき、
彼方のために!?!自転車に乗ってるのよ?? 感謝しなさい!?!
こんな事を言っているが、どうやら自転車にハマり始めたようだ。
・・・の為、って良い口実ができたものである。
自転車に乗って、BMXレースを観に行こうとまで言うようになった妻。
今度は、長男の為に自転車走行をするとでも言うのだろうか??
なんでもいい・・・ポタリングをしてくれたら、、、妻の膝のリハビリになるのだから。

バニューの寝顔を見ていると心身共に癒される。妻も同じだろう。
何々のためと言いつつ、自転車に乗り心地良い疲れを
帰宅して、バニューのしぐさを見て更に心地良くなる。
家族のため・・・ってこんなことかもしれない。
[PR]
by redhupa | 2008-12-13 18:00 | Road-racer

再登場・・BMX-Mini !!

c0021554_527161.jpg最近、往年の名BMXが再登場しているようだ。
KUWAHARA!!
1980年代、国産バイクで唯一の競技車だったと思う。米国製がほとんどだった。現在も変わらないだろうが??
後に東洋フレームが、スペシャルフレームを造っていたが。。。
我が子がBMXを初めた頃、
BMX界No.1ライダー・・スーパースターだったKUWAHARA FACTORY Rider「高橋 博(JBMXF理事)氏」、
彼を「神様」と称し慕っていた我が子を思い起こす。
そして、少し年長で憧れのライダーに高松 健二君が居た。高松君ご一家には並々ならぬお世話をいただいた。
往時から我が子年代で現役でいるのは、東では戸川 祐一君と我が子だけかもしれない??
西では、三浦 進、土井 昭 二君位だろう。最も我々がお付き合いさせて頂いた方々だけだが・・・。
上記した諸君の小学生(ミルキー時代)、フレームに関しては、ミニは存在していた。
唯一つ苦労したのが、クランクだった。
20年の歳月を以ても・・スポーツ医学が定着してもハードが進化しても子供用クランクの検討がなされていない!?!


この所、僕自身がBMX応援団に復帰!?!しようと思いはじめ・・・
かつてのKUWAHARA BMXが再興されてる事をしった。
データを見ていて驚いた!!!!!
ミニバイクには・・・140mmクランクが装着されているではないか!!
かつてのKUWAHARA USA再興なのか??
オリンピック種目にもなったBMX。ハード面でも国産メーカーは検討してほしい。
のみならず、関係者も真摯に検討しないといけない時期と感じる。
誠のスポーツとして・・・BMXに止まらず自転車競技全体での底辺拡大・・・
少年期のハード・・ソフト両面からの検討を。。。

宣伝するつもりはないが、KUWAHARA Bikeを紹介したい(下記)。

http://kuwahara-bike.sakura.ne.jp/kuwahara/bmx/2009Kuwaharabmx.pdf

”Ibaraki BMX Association”HPの中にBMXのサイズチャートが掲載されている下記。 
http://www.ibabmx.com/othere/BMX_SizingChart.PDF
[PR]
by redhupa | 2008-12-07 07:19 | Road-racer